保育園の概要

市場保育園

クリックで拡大

昭和15年、山本光義が鶴見区元宮に『市場保育園』の前身である『市場幼稚舎』を開園いたしました。その後、市場小学校の お隣という恵まれた環境と、地域からの温かいご支援を頂き、昭和24年に保育所政策行政の委託を受け、幼稚園舎の一部に 50名定員の措置児童をお預かりする『市場保育園』を開園致しました。また、平成23年には社会福祉法人ICAの一員となり、 現在に至っております。
地域の皆様に見守られながら70年以上の年月が経ち、幼稚園形態の施設(現直接契約部)と併せ、たくさんの卒園生が巣立ち ました。その二代目・三代目のお子様をお預かり出来る事は、私たちのかけがえのない喜びです。
子どもたちの本質は今も昔も変わらないと思います。しかし、子どもたちを取り巻く環境、そして保育園に求められるニーズは 日々変化しています。そこで私たちは、子どもたちの生活が豊かなものとなるように、一人ひとりをありのまま受け止め 認めていき、子どもたちが自ら進んで意欲的に過ごし、人と関わる力を育んでほしいと考えています。
やさしさいっぱいの素敵な子どもたちを「おもてなしの心と笑顔」でお迎えしたいと思います。

市場の保育

基本理念

子どもたちが、 『健やかなからだとやさしいこころを持ち、人の和の中でいきいきと育つ』 ことの出来る環境を追求します。

保育目標

  • なかよしの子ども ~人と関わる力の育つ保育~
    人として一番大切な能力は人と関わる力です。子どもたちが生活や遊びの中で、 人との関わりを身につけていく事こそ「生きる力」、「生きていく力」の基礎につながります。
  • 健やかな子ども ~子どもの主体性が尊重される保育~
    「市場保育園」では、スタッフが考える子ども像をむやみに押し付けるのではなく、 子どもそれぞれのペースが尊重され、個々の発達に合わせた保育が育まれます。
  • 夢を持つ子ども ~自主性を育む保育~
    「市場保育園」では、子どもたちが自立する事、自ら生活していけるような環境を整えます。
  • 見守られる子ども ~異年齢保育・チーム保育~
    「市場保育園」スタッフは相互連携をして、観察者の役割を果たし「子ども同士の関わり」や 「主体性」を育む環境(人的・物的)を提供します。

保育の特徴

  • 異年齢保育
    高年齢の子どもたちにお世話をしてもらったり、いたわってもらったり、 子どもたちが大きくなった時に自然と低年齢の子どもたちに同じ様に関わったりと、 大きな子も小さな子も共に大きく伸びていきます。
  • 見守る保育
    子どもたちが自ら育っていこうとする力を尊重し、自発的で意欲的な活動ができる環境を設定しています。

保護者の皆様へ

保護者の皆様にも積極的に保育に関わっていただき、 『共育ち』を目指し一緒に考えていきたいと思っております。 よろしくお願いいたします。

保育園の概要

所在地
[本園]
〒230-0004  横浜市鶴見区元宮1-17-33
TEL:045-581-6169  FAX:045-582-5560
[分園]
〒230-0004  横浜市鶴見区元宮1-17-39-2
TEL:045-571-6050  FAX:045-571-6051
経営主体
社会福祉法人ICA
理事長
山本 隆義
園長
山下 好子
定員

定  員:130名(乳児26名・幼児104名)
受入年齢:6ヶ月~就学前

開所時間
平日開所時間 7:30 ~ 19:30
保育短時間 8:30 ~ 16:30
保育標準時間 7:30 ~ 18:30
延長保育 18:30 ~ 19:30
土曜日開所時間 7:30 ~ 18:30
保育短時間 8:30 ~ 16:30
保育標準時間 7:30 ~ 18:30
休園日
日曜・祝日・年始年末
交通
京浜急行「鶴見市場」駅より徒歩約15分

To Top